どうしてなるのか

妊婦さんと女の子

不妊の原因は男性因子と女性因子があります。
そのうち女性因子には、卵管、頸管、子宮、卵巣の因子があります。
婦人科ではまず、このうちのどれが不妊の原因なのかを検査します。
卵管がつまっていないか、頸管粘液の正常は適切か、子宮は受精卵が着床できる状態か、卵巣からきちんと排卵があるか。
不妊の原因が分かれば、その原因によって治療は変わってきます。
卵管通過障害があれば、手術で卵管の再開通を目指します。
体外受精を行う場合もあります。
精子と頸管粘液が適合していない場合は、人工授精、体外受精などが選択肢に上がります。
子宮筋腫などによって子宮に受精卵が着床しにくい状態になっていれば、その治療を行うこともあります。
卵巣から排卵がない場合は、その原因により、主に薬物治療を行います。

卵子の質は35歳くらいまではほぼ一定ですが、35歳から40歳にかけて質が低下し妊娠しにくくなると言われています。
そして40歳を過ぎると質が急速に低下し、自然妊娠する確率は非常に低くなります。
また、年齢が上がるごとに子宮筋腫などの疾患にかかっている確率が上がり、不妊の原因が増えることになります。
女性の社会進出や共働き家庭の増加に伴い、晩産化がすすんでいます。
妊娠・出産しようとする女性が高年齢化しているわけですから、不妊に悩む確率も高まります。
よって、今後も不妊治療の必要性は増すことと予測されます。
実際、現時点で50人に1人が体外受精で産まれてくると言われています。
体外受精の他にも人工授精といった方法もありますから、それらをあわせるともっと高い割合の子が不妊治療により誕生していることになります。
今後もこの割合は高まるでしょう。